企業と企業・ヒトとヒト・地域と大学をつなぐ コミュニティゾーン

有限会社しろやま農産

鹿児島・桜島の産物『薩摩隼土』 を全国へ!

有限会社しろやま農産は、平成17年に農業を核とした事業をスタートさせ、現在は大根やさつまいもを中心に延べ60ヘクタールの作付けを行っています。農業を営んでいく中で大切なのは土。安心安全な作物のために農薬に頼らない土壌づくりをするべく日々心血を注いでいます。       畑の土を掘り返す「天地返し」が、畑で獲れる作物の品質や大きさに良い影響があるということから、大隅地方に広がる『黒土』に着目し、その特性を活かし、様々な用途に対応できるよう商品化に向け研究を始めました。

搬入された黒土は使用目的に合わ せて川砂や赤土などを混合します

黒土は、約2万5千年前の桜島の大噴火により噴出したシラス台地に堆積した土で、農業にとても適していることが知られています。黒土のみの家庭菜園用、大規模な農園業用に赤土をブレンドした農場苗床用、川砂とブレンドしたグランド用の敷き砂の3種類を『薩摩隼土(さつまはやと)』と名づけ販売を始めました。

トランベル(ふる い機)を使い不純物を取り除き ます

農業用は、自社の農場に利用したり、町内の造園用のポットやマンゴーをはじめとする施設園芸農家でも幅広く利用され、「収穫が倍に伸びた」「太いしっかりとした根を張った」「葉がいきいきとしてきた」など、利用者から高い評価を得ています。

製品化された薩摩隼土はチャーター船などで全国へ発送されます

また、グランド用黒土は、全国の公共施設・学校施設の野球場や競技場などに幅広く使用され、高い浸透性・クッション性・芝との相性も良いと評判になり、現在ではその高い品質が評価され、甲子園球場にも納品されています。

しろやま農産の大根農場・『薩摩隼土』を使用して います

<会社概要> ・事業内容 露地野菜経営,大隅黒土販売 ・設立    平成17 年4月1日 ・代表者  有限会社しろやま農産  代表取締役社長 白山優 ・従業員数 15名

お気軽に TEL 099-478-2611 午前9時から午後5時まで(日曜日・祝日除く)

PAGETOP
Copyright © 大崎ものづくりネットワーク振興会 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.